話題の音楽: Stranger Things

Netflixのドラマシリーズの中で、人気の特に高いStranger Things (ストレンジャー・シングス)。

今年結構な頻度で聴いているアルバムがあるのですが、それがストレンジャー・シングスのサウンドトラックをまとめたアルバムです。

ストレンジャー・シングスのサントラはKYLE DIXON (カイル・ディクソン)、MICHAEL STEIN (マイケル・スタイン)の二人が手掛けています。二人についてはドラマを観て貰えば一瞬で作曲の良さに気付くと思います。

ドラマの人気の理由は間違いなく高品質なサントラが要因の一つでしょう。

シーズン2までは一応観て、シーズン3は観ようか悩んでいましたが、サントラに吸い寄せられて、結局全話観ました。ドラマについてはまた改めてレビューするとして…

音楽のテイストはシンセサイザーをガンガン鳴らした、ザ・シンセポップって感じです。とってもクールなテイストで、心を掴まれましたね。

シーズン毎にアルバムがある程、どっさり曲が収録されています。その中で、特に良い曲をピックアップしたので、ぜひ聴いてみてください。

Stranger Things

テーマソングです。この曲を最初に聴いて、ストレンジャー・シングスの世界に一気に引き込まれました。わずか1分足らずの曲でこの完成度です。ドラマの世界観がこの曲に全て集約されています。シンセサイザーを使用してここまでクールな曲を作り上げるとは,,,。圧巻の一言です。

Biking to School

個人的には、この曲が一番好きです。素晴らしいの一言。50回くらいはリピートできます。(1曲45秒です)

Kids

Nancy and Bob

とても柔らかくて優しい曲です。ずっと聴いていたいような、心地良い音楽です。

Lay-Z-Boy

シンセサイザーの真骨頂のような曲です。クールの一言。

A Kiss

Walkin in Hawkins

曲名が韻を踏んでますが、シーズン2のテーマソングです。ドラマの世界観が投影された壮大な曲です。アルバムの中では長めの2分36秒あります。

Boys and Girls

この曲はシーズン3でよく流れていたイメージがあります。音がグイグイきます。聴いていて実に気持ちの良い曲です。

Starcourt

この曲もよく流れてました。街に新しくできたショッピングモールのテーマソングですね。ドラマは80年代が舞台なんですが、当時の音楽をシンセで明確に表現しています。バック・トゥー・ザ・フューチャーが好きな方や当時を生きていた方は、この曲を聴いて、特に懐かしい気持ちになるのではないでしょうか。

The Ceiling Is Beautiful

特にお気に入りの曲です。まるでSFの世界に潜り込み、短編小説を読んだ気分にさせてくれます。

The First I Love You

感動的な曲です。シーズン3のラスト近くで流れていました。

聴いてみていかがでしたか?

カイル・ディクソンとマイケル・スタインの二人組による最高の作曲。個人的には今年聴いたアルバムでダントツでした。

ぜひ映画で作曲を手掛けて欲しいです。ドライヴの監督のレフンが好きそうですよね。コンビを組んで欲しい。

余談ですが、ドライヴのテーマソング"A Real Hero"のアーティスト"Electric Youth"は、映画以降活動していないんでしょうか。

新曲も出していないし活動している気配がないです。もったいないですよねー。お気に入りの曲なんですが….