ドライヴ

天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙な“ドライバー”(ライアン・ゴズリング)は、昼間は映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手という2つの顔をもっていた。ある晩、仕事を終えたドライバーは、同じアパートに暮らすアイリーン(キャリー・マリガン)と偶然エレベーターで乗り合わせ、一目で恋に落ちる。次第に親しくなっていく2人だったが、ある日、アイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が、服役を終え戻ってきた。

2011年に公開された「ドライヴ」のレビュー、後半は曲の紹介です。第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した本作は、デンマーク出身のレフン監督によって制作されたクライム&サスペンス映画です。主演は今や人気俳優に登りつめたライアン・ゴズリング他、キャリー・マリガン、オスカー・アイザックなど絶賛活躍中の俳優陣が出演しています。

What'sontv - Ryan Gosling gets behind the wheel in a precision-tooled new noir thriller

色と音楽そしてセンス

監督であるレフン自身が、中間色が見えにくい色覚障害を持っている為、コントラストの強い色を使用する傾向があります。他の監督作品だと「オンリー・ゴッド」「ネオン・デーモン」などが有名ですね。本作ドライヴでも、衣装やインテリア・コントラストなどを細部にまでこだわった美しい色の使い方がされています。

映画で登場するシーンの大半が夜や車のドライヴシーンですが、レフンの手によって選曲された上質なサウンドトラックと、拘った色使いが組み合わさって本作をより一層引き立てています。

What'sontv - Ryan Gosling gets behind the wheel in a precision-tooled new noir thriller

主人公が寡黙な人間である為、自らのストーリーや素性について話す場面がなく、名前やバックグラウンドなども最後まで明かされません。そのミステリアスなキャラクター設定に加え、極限まで削ぎ落とされたストーリーが、主人公が取る行動や隠された暴力的な部分が観ている者に、より緊張感や恐怖を与えてくれます。

What'sontv - Ryan Gosling gets behind the wheel in a precision-tooled new noir thriller


全体を通して、一つのミュージックビデオ作品のように、美しく完成度の高い映画となっていました。エンディング近くで、車で主人公が真夜中の薄暗い道を、一人走るシーン。テーマ曲である"A Real Hero"が流れ、悲しげな顔をした主人公の顔が映し出された後に、エンドロールに繋がって行きます。このシーンは圧巻の一言です。

What'sontv - Ryan Gosling gets behind the wheel in a precision-tooled new noir thriller

私はこの映画でレフン監督の卓越した美的センス、色使い、カメラワークを改めて体感しました。そんな映画「ドライヴ」ですが、劇中で特に際立っていたのが"音楽"です。劇中では上質なエレクトロ・ミュージックの数々が流れていました。

劇中で流れていた名曲と共に、真夜中に一人でドライヴしている時にお薦めの"ネオン"をテーマにした音楽を紹介したいと思います。

A Real Hero - College, Electric Youth

本作のテーマ曲でもあるこの曲は、映画の世界観にフィットした、最高のエレクトロです。

ライブ映像も綺麗に仕上がっています。

Under Your Spell - Desire

アイリーン(キャリー・マリガン)の夫であるスタンダード (オスカー・アイザック)が出所した日に自宅で流れていた曲です。シーンとうまく噛み合っていたGoodな曲。

Nightcall - Kavinsky, Lovefoxxx

オープニングロールで流れていた曲です。ザ・ネオンな曲です。

Dreams - Timecop1983 (feat.Dana Jean Phoenix)

ここからは80'sテイストの音楽です。

Magic - FM Attack, KRISTINE

Running in the Night - FM-84, Ollie Wride

Never Enough (The Midnight Remix) - Scavenger Hunt

Scavenger Huntです。日本ではあまり知られていませんが、リリースしている曲はどれも名曲ばかりです。Feel good, Ghostsあたりが最高です。時間があった時にぜひどうぞ。

Evolve - Maethelvin Remix - Anoraak, Lydmor, Maethelvin

Night Drive - Part Times

ここからはCity Pop。

Neon - Magdalena Bay

一押しの曲です。曲名もNeonです。

Walkabou (W/Noah Lennox) - Atlas Sound, Noah Lennox

群を抜いてクールな曲です。

Indian Summer -Blood Cultures

Nagano - CLUBZ, Ela Minus

エリート級です。最近はこの曲ばかり聴いています。

Purple Cloud - La Felix, Sour, Wes Whelan

日本でも人気のアパレルブランドMaison Kitsuné(メゾンキツネ)の音楽レーベルKitsuneからリリースされた曲です。Kitsuneがリリースするアーティストは無名の方が多いイメージ。

Bike Dream - Rostam

最近一押しの曲の一つ。このRostam(ロスタム)と言うアーティストは、あの元ヴァインパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)の方です。独特なテンポで、シティーポップ感がえげつないです。

いかがでしたか?どれも夜のドライヴにフィットする素晴らしい音楽でした。まだ紹介しきれていないネオン音楽が沢山残っていますが、また別の機会にするとします。 映画「ドライブ」も、まだ観ていない方はぜひ観ることをお薦めします。