今日のおすすめ:ディスコ

最近忙しさがピークで、全く更新していませんでした。うっかりです。NBAの、オールスター後の長い休暇のおかげで、時間が取れました。最近NBAでは、様々なビッグニュースが繰り広げられていますが、中でも、コービー・ブライアントについては、ショックです….

曲を紹介する前に、最近気になったデザインに関する話をさせてください。デザイナーの人しか、理解できない内容です。もしデザインの仕事に無関係な人で、「I See」のように理解を示す人がいたら、それは偽りです。

Spotifyのタイポグラフィ

以前からSpotify日本語版Webサイトの、タイトル(H1)のウェイトが気になっています。 font-weightは、驚きの900です。しかも英語のノリで、ヒーローに配置されたフォントサイズ が80pxになってますからね。もはや、カーニバル状態で、ハッキングしてでも直してやりたい。(した事はありませんが)もっとタチが悪いのは、そんな900もあるウェイトをサブタイトルなど、そこら中で乱発してる事です。

フォントのウェイト・サイズの使い方をちょっと見るだけでも、デザイナーのレベルが分かりますからね。もし周りで、font-weightを900で指定してそうな顔のデザイナーがいたら、腕を疑ってください。(半分冗談です)

文字も人間もHeavyよりLightな方が好きです。

900なんて極太のウェイトは、ヒーロー部分くらいに抑えるのがベストです。それに、最近のWebデザインのトレンドは、ウェイトを抑えてタイポグラフィを、構成するのがGoodです。h1で400, 500のウェイトにしてるのを頻繁に見かけます。何はともあれ、900はBlackやHeavyと呼ばれている通り、使うと黒で埋め尽くされる程に太いんです。Spotifyの日本語フォントは、どうせ源ノ角ゴシックあたりだと思うので、だったら900は行き過ぎです。ただ、フォントによっては、900でもそんな太くない場合もありますから、ケース・バイ・ケースですよ..

そもそも英語と日本語のタイポグラフィは、方法が全く異なります。アルファベットの大文字が、ちょうど日本語の大きさくらいですから、同じフォントサイズでも1~2remくらいは、日本語の方が大きいです。とりあえず海外サービスで、日本語に対応するWebサイトを設計するならば、ただ翻訳して終わりではなく、大元のUIと切り離して考えるべきでしょう。他の多言語に対応している有名な海外サービスで、日本語でも素晴らしいUIを挙げると、「Apple」「Netflix」あたりでしょうね。

このままだと、タイポグラフィについてだけで1000文字を軽く超えてしまいそうなので、愚痴はこれくらいにしておきましょう。

今日はディスコ・ミュージックをピックアップしたいと思います。前回、シンセポップを紹介すると言ってしまいましたが、1ヶ月も空くと、気分が変わるものですよね。人間ですから..

Escort

誰でも知ってる大御所のバンドばかり紹介する内容なので、最近のクールなディスコ系バンドをここで一つ。後の大御所バンドは、あまりにも有名なので、曲のみの手抜きピックアップです。

Escort(エスコート)は、NY・ブルックリンを拠点にするNu Discoバンド。

DATEBOOK by Tom Edwards, Girlie Action Media

Cocaine Blues

都会的でモダンなサウンドに、ディスコをMixした質の良い曲です。

If You Say So

Slide

Earth, Wind & Fire

September

ディスコ・ミュージックの最高傑作です。これより有名なディスコ・ミュージックは他にないでしょう。一時期は、目覚ましの曲をこれに設定していました。

Let's Groove

こちらも大変有名な曲。

Boogie Wonderland

オマール・シー主演の映画「最強のふたり」で初めて知った曲で、劇中オマール・シーがこの曲で踊るシーンが印象的でした。ちなみに一緒に歌っているのは、あのThe Emotionsですね。あの時代の音楽は、素晴らしい曲ばかりで、タイムスリップしたいものです。

Bee Gees

Stayin’ Alive

映画「サタデー・ナイト・フィーバー」以外思い浮かびません。トラボルタの出世作です。

Night Fever

最高の曲です。トラボルタのダンスが思い浮かびますね。

おすすめのエレクトロポップ

Funktown - Lipps INc.

最初のサウンドが、ユニークです。

Can't Take My Eyes Off Of You - Boys Town Gang

フランキー・ヴァリの「Can't Take My Eyes Off You」のカバー曲。原曲も、こちらのディスコ・カバー版も素晴らしいです。

Ai No Corrida - Quincy Jones, Dune

Ymca - Village People

日本でも知らない人はいない程、有名な曲ですね。

いかがでしたか?

前置きのSpotifyの話が長くなってしまったので、適度にテキトーな度合いで短めにピックアップしました。 今日取り上げた曲が入っているプレイリスト「Disco」はSpotifyで公開しているので、よかったら聴いてみてください。