プレイリスト:Creative Agency

最近、新型コロナウィルスが流行っているせいで、コロナが飲みにくい状況になっており、コロナ好きの私は窮地に立たされています。そして、フェイクニュースに簡単に騙される人があまりにも多すぎますね。

今日は、デザイン系のオフィスで流れてそうな曲を集めたプレイリスト「Creative Agency」をピックアップします。サンフランシスコあたりのクリエイティブ・エージェンシーをイメージしてます。ラウンジよりのシティポップと言えばいいのでしょうか。ボーカル少なめです。


Tom Misch

トム・ミッシュは、2018年にデビューアルバムをリリースしたイギリスのミュージシャン。エレクトロニック、ジャズ、ヒップホップなど様々なジャンルを合わせたサウンドが印象的な稀に見る天才です。

INDEPENDENT - Tom Misch shares behind-the-scenes video for '5 Day Mischon' sessions - premiere

Wake Up This Day

Hark

Marrakech


Shigeto

Shigetoは、ミシガン州出身のエレクトロニックミュージシャン。本名がZachary Shigeto Saginawだそうで、日本の血が入っていそうな名前。若い頃の坂本龍一に何か混ぜたようなイケメンです。

METRO TIMES by Jecob Lewkow

When We Low

これは、もう化物のようなセンス。

Detroit Part 1

Brown Eyed Girl

ポストロック系も得意そうです。


Flamingosis

Flamingosis (Aaron Velasquez) は、ニュージャージーを拠点に活動するエレクロニックプロデューサー。本人のキャップ率が高めな事もあり、今年一番お気に入りのミュージシャンです。古着を組み合わせたアーバンなコーディネートも最高です。

Flamingosis - Facebook

Down for the Fifth Time

Good。この曲が収録されているアルバムのアートワークで、シティボーイが被ってるジェットキャップが気になります。

Pleasure Palette

いやーセンスに圧倒されます。今年のベストソングにランクインしました。

Believe in Me

Little Fing

She Loved Me


ピックアップ

Kickinit Alone - Kiefer

お気に入りの曲です。作曲しているキーファーは、ジャズ・ピアニストでもあるらしいのですが、音の使い方がうまいです。

Reconstruct - Photay Feat. Seafloor

アートワークの毛量が凄まじいです。ネッツのアレンくらいかな。

Somewhere in Between (Swarvy Remix) - Braxton Cook, Swarvy

大変Goodです。

Jaded - Lone

They Act Brand New - Dibia$E

名前に$入れるのはダサいですが、曲はクールです。

So Far To Go - J Dilla, Karriem Riggins

いかがでしたか? 曲がたくさんあるので、だいぶ小分けにしてピックアップしました。 そういえば、エレクトロバンドのElectric Youthは、いつの間にか2019年にアルバム出してました。全体的にバンドの世界観が凝縮された完成度の高い素晴らしいアルバムです。中でもARAWAがナイス。

今日取り上げた曲が入っているプレイリスト「Creative Agency」はSpotifyで公開しているので、よかったら聴いてみてください。